sss

Event

池應敏行君 MWP2012"BEST STUDENT PAPER AWARD" 受賞

2012年9月11日から14日にオランダで開催されたIEEE MicroWave Photonics(MWP)において、池應敏行君(大学院1回生)がBEST STUDENT AWARDを受賞しました。この賞は、学生によるプレゼンコンテストにおいて優秀な人に贈られる賞です。

SocietyIEEE MicroWave Photonics
ThemeTerahertz Imaging Using Swept Source Optical-Coherence-Tomography Techniques (2012/09/14)
Overview周波数領域OCTの技術を用いたテラヘルツ3次元イメージングシステムの構築

我々は赤外線領域で用いられているOCTの技術を応用したテラヘルツ3次元イメージングの研究を行っている。
今回はこれまで用いてきた時間領域OCTといわれるイメージング手法に代わり、新たに周波数領域OCTのイメージングシステムの構築を行った。

周波数領域OCTは光源の周波数を掃引し、その波形を信号処理することで、物質の奥行情報を得る。

T,H,zの文字を掘った3枚のアクリル板を順番に並べ、文字T側からテラヘルツ波を照射し、各板からの信号波を計測・信号処理することにより、上図のような断面画像の再構成に成功した。

Copyright 2013 - Information Photonics Group / Graduate School of Engineering Science, Osaka University. All Rights Reserved.