sss

イベント

仲下智也君 2022年電子情報通信学会総合大会 エレクトロニクスソサイエティ学生奨励賞 受賞。

2022年に開催された電子情報通信学会ソサイエティ大会において、仲下智也君が電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ学生奨励賞を受賞しました。
この賞は卒業論文発表会において、エレクトロニクス分野に関する優秀な発表(一般講演、シンポジウム講演)を行った学生を表彰するものです。
https://www.ieice.org/es/nl-contents/nl-contents-474/nl-contents-496/

学会名2022年度 電子情報通信学会ソサイエティ大会
研究テーマ300GHz帯無線システムにおけるAND動作の高速化

 近年,無線の高速化に対するニーズの高まりを背景に, テラヘルツ無線の研究開発が活発化している.無線通信における課題の一つに,電波漏洩に対するセキュリティ対策が挙げられ,テラヘルツ無線技術に対しても検討が始まっている.最近,2 つのテラヘルツ波ビームを特定の位置で受信(いわゆるAND 動作)することにより,物理層におけるセキュア性の向上を目指した手法が提案されている. 我々は,これまで300 GHz 帯コヒーレントホモダイン検波方式により,1 Gbit/s でのAND 動作の検証を報告した. 今回,コヒーレントヘテロダイン検波とIF 光変調方式を受信器に導入することにより,10 Gbit/s でのAND動作の実験に成功したので報告する.

Copyright 2013 - Information Photonics Group / Graduate School of Engineering Science, Osaka University. All Rights Reserved.